pills

早漏防止を薬によって行うという方法、この方法に使える薬のうち、経口薬として有名なのはダポキセチンという成分が配合されたもの。ダポキセチンは脳に作用する成分で、「心因性の早漏」に対して効果アリとされています。
そもそも早漏とはどういうことかというと、性的興奮が極に達して脳が勇み足をして、まだまともに腰を動かしてもいないのに「イケっ!」と号令を出して、それに従ってペニスが射精してしまうことによって起こるものです。初めてのSEXで興奮して早漏気味になってしまう人が多いのはそのためです。想像以上の快感に脳が追い付けず、ついつい勇み足になってしまうというものです。

この場合は、だんだんSEXによる快感というものに体が慣れ、脳がなれることで早漏は解消されていきます。長持ちさせることができるようになり、射精のタイミングをコントロールすることができるようになります。
しかし人によってはいつまでも慣れることができず、脳がすぐ興奮の極に達して「射精命令」を出してしまうことになるのです。
そんな場合の早漏に、ダポキセチンを含む薬は効果的です。ダポキセチンは脳に作用して、急速に高まる興奮を冷ます役割を果たします。急にアゲるのではなく、徐々にゆっくりとアゲることができるようにするのです。要は、脳を落ち着かせる役割を担っているのです。
こうして、早漏は防止することができます。やがてはその状態になれ、薬を飲まなくても脳が過剰に興奮することなく、余裕をもってSEXを長く楽しめるようになるでしょう。